Python

【Python】venvで仮想環境を作成する

Pythonはvenvを使うことでPython用の仮想環境を割と簡単に作成できる。

dockerやVMWareなどを使わなくても、Pythonプログラムだけであれば、実行環境をプロジェクト毎に作成することができる。

初心者、入門者向けとしては、AnacondaをインストールしてJupyter Notebookを実行するのが非常に簡単だが、venvを使う方法もそれほど難しく、いずれは必要になるので、最初からチャレンジするのも悪くはない。

Pythonのインストール

Pythonをインストールする方法は以下の記事を参照。

最新版のPythonをインストールする方法

pyenvでPythonのバージョン管理をする方法

仮想環境を作成するフォルダに移動する

仮想環境を作成したいフォルダに移動する。

> cd some_directory

プロジェクト個別の環境の場合は、プロジェクトのルート直下などが多い。

仮想環境の作成

venvコマンドで仮想環境を作成する。

# venvコマンド
python -m venv [仮想環境名]

# venvという名前の仮想環境を作成する
> python -m venv venv

venvvというディレクトリが作成される。

venvの中にはPythonやインストールしたパッケージが格納されていく。

仮想環境の実行

仮想環境の中に入る。

windowsとMacで少し方法が異なる。

# windowsで仮想環境起動
> venv\Scripts\activate
# 実行結果
(venv)>

# macで仮想環境起動
$ source venv\bin\activate
# 実行結果
(venv)$ 

仮想環境が起動すると(仮想環境名)が表示されるようになる。

pipの更新

pipで新しくライブラリをインストールしようとする時、初回は大体pipが最新でないという旨のWarningが出るので、pipを最新版に更新する。

> pip install -U pip
# または
> pip install --upgrade pip

なおpipが最新版でないというWarningメッセージの中に、pipを更新するためのコマンドも記載されているため、そちらをコピペして実行しても良い。

# Warningの例
WARNING: You are using pip version 22.0.4; however, version 22.1.2 is available.
You should consider upgrading via the 'C:\Users\user_name\AppData\Local\Programs\Python\Python310\python.exe -m pip install --upgrade pip' command.

# pipの更新に実行するコマンド
> C:\Users\user_name\AppData\Local\Programs\Python\Python310\python.exe -m pip install --upgrade pip

ライブラリのインストール

仮想環境に必要なライブラリをインストールしていく。

個別にインストールすることも可能だし、requirements.txtなどを用いて一括でインストールすることも可能。

ライブラリを個別にインストール

> pip install [ライブラリ名]

# 例)numpyをインストールする場合
> pip install numpy

ライブラリ名を個別に指定することでインストールできる。

依存関係にあるライブラリもインストールされるため、指定したライブラリ以外にも色々とインストールされることが多い。

バージョン指定でインストールすることも可能。

ライブラリを一括インストールする

インストール対象ライブラリを記載したファイル(一般的にはrequirements.txt)を指定してインストールする。

> pip install -r requirements.txt

インストールされたライブラリの確認

> pip list
出力例)
jupyter              1.0.0
jupyter-client       7.3.4
jupyter-console      6.4.4
jupyter-core         4.10.0
jupyterlab-pygments  0.2.2
jupyterlab-widgets   1.1.1

インストールされているライブラリと、バージョンが表示される。

仮想環境を抜ける

(venv)> deactivate
>

deactivateコマンドで仮想環境から抜けることが可能。

まとめ

一連のコマンドのまとめ。

# 仮想環境を作成するディレクトリに移動
> cd some_directory

# venvという名前の仮想環境作成
> python -m venv venv

# 仮想環境起動(Windows)
> venv\Scripts\activate
# 仮想環境起動(Mac)
$ source\bin\activate

# pipの更新
> pip install -U pip

# ライブラリの個別インストール
> pip install numpy
> pip install pandas==1.4.3
> pip install scikit-learn>=1.1.0
# ライブラリの一括インストール
> pip install -r requirements.txt

# インストール済みライブラリの確認
> pip list

# 仮想環境を抜ける
> deactivate