git

【git】作成済みのリポジトリからソースを取得する

きちんとした開発であれば、必ずpullやfetch, mergeしてから修正を始めるが、ちょっとしたライブラリなどを作成するだけの場合、リポジトリを作成してから取得するのを忘れてHEADがややこしいことになることがある。

 

前提

予め、リポジトリを作成しておく。

作業用ディレクトリ作成

適当な場所に作業用のディレクトリを作成する。

ディレクトリ名は分かりやすくしておく。

$ cd some_dir
$ mkdir work_dir

 

git init

git initでgitを利用できるようにする。

// 作業用ディレクトリに移動
$ cd work_dir
// git init
$ git init
// .gitが作成される
$ ls -la
.
..
.git

 

リモートリポジトリを登録

originという名前でリモートリポジトリを登録する。

// リモートリポジトリ登録
$ git remote add origin https://github.com/user_name/some_repository.git

 

 

リモートリポジトリからソース取得(pull)

pullする

// リモートリポジトリをローカルのmainブランチに取得する
$ git pull origin main
// 出力例
From https://github.com/user_name/some_repository
 * branch            main       -> FETCH_HEAD
 * [new branch]      main       -> origin/main

mainブランチが作成されHEADが設定される。

$ git branch -a
* main
  remotes/origin/main

branchコマンドで確認すると、mainが作成されている。